綿100%の作業服のメリット

綿100%の素材の1番の特徴は吸湿性が高いということです。微細な繊維である綿はコットンの内側と外側に温度の差が生まれると内側の水分を外へ発散しようとします。その時に熱を奪いますので、全体の温度が下がるので涼しさをもたらしてくれるのです。通気性が良いので、夏でも快適に着用することが出来ます。

そうなると冬は寒いのでは?と思うかもしれませんが、綿は繊維の中心部が中空になっているため、熱が放出されにくいという特徴もあります。熱伝導率が低いので、夏は涼しく着られるにも関わらず冬は暖かく着ることが出来るのです。これが綿100%の作業服の1番のメリットであると言えるでしょう。綿100%の作業服があれば1年中着用することが出来るわけです。

綿というのは耐火性が非常に高いので、製鉄工場や溶接工場など火を扱う仕事場では綿100%の作業服が必ず使用されます。綿100%素材のメリットを生かせる職場はその他にもたくさんあるでしょう。また、綿は肌触りも良く、アレルギー体質の人にもおすすめですし、環境に優しい植物性繊維で作られているため地球にも良いというメリットがあります。現在綿100%の作業服はさまざまな作業現場で欠かすことの出来ない衣料になっていると言えます。