作業服の素材による特徴や用途

作業服を選ぶときみなさんは何を1番大切にしますか?機能性、デザイン、カラーいろいろとあると思いますが、忘れてはいけないのが素材です。作業服は毎日着るものですから素材選びはとても大切になります。そうはいっても素材にもさまざまな種類がありますので、以下に主な素材とその特徴について紹介します。作業服を購入する際の参考にして頂けると幸いです。

●綿100%
・汗や水分をしっかり吸収し、通気性が良い
・肌触りが良く着心地が良い
・静電気が発生しにくい
・天然繊維で火が燃え広がりにくいため、火を扱う現場には向いている

●ポリエステル100%
・型崩れがしづらく、縮みにくい
・軽いのに丈夫
・夏は涼しくて快適だが、防寒効果はあまりない
・汗の吸収率や通気性は綿と比べると劣る

●ポリエステル高混率
・形態安定性が高く型崩れしにくい
・耐久性がある

●綿高混率
・肌触りが良い
・吸汗性が高く、ストレッチ性が高い

●ストレッチ素材
・伸縮性が優れている
・動きやすいため活動的なハードワークに向いている