iphoneを修理するときの注意点とは?

iphoneが壊れてしまった!テレワークやオンライン授業が増えている今の時代、こうした端末が壊れてしまうと非常に困ります。そのためにも必要なのが修理、そのiphoneの修理の方法やその時の注意点についてご紹介いたします。

iphoneを修理するときに依頼できるところは?

京都でiphone修理

たくさんのユーザーがいるiphone、多くの人が使用しており、スマホ自体いまや無くてはならないツールとなっています。
ビジネスやネットの利用は勿論、SNS、ゲームなどさまざまなことができるiphoneは、なかなか出歩けない今必須のアイテムともいえます。
テレワークやオンライン授業もされているいま、こうした端末の重要性は更にあがっており、テレビ電話の利用で対面授業など使い方はさらに生活上重要なものとなっています。
そんな中でもしこのiphoneが壊れてしまうと致命的、端末だけではなくデータがとんでしまった、そうなってしまうと絶望的な状況といえます。
バックアップの方法はありますが、それをしていなかった場合はもうデータは手元に一切残らないものとして考えておかなければならないです。
しかしiphoneの故障は突然起こるものなので、避けようが無いです。
iphoneの故障理由としてあげられるのが水没や落下、これらはいずれもわざと起こすようなものではなく、不幸な事故といっても過言じゃないものばかりです。
そんなiphoneが故障した場合はどこに持っていけばいいのか?それのメリットデメリットもふまえてご紹介いたします。

まずiphoneの修理工場、これは一番確実な方法となっており、プランに加入していれば無料保障をうけられる場合もあります。
また純正品を使用しての修理なので安心、iphoneの良さをそのままにきちんと正当な修理をしてもらえるのです。
しかしこれにもデメリットはあり、基本的にこうしたメーカー修理は個人情報保護のためにも工場出荷の状態、つまりデータが初期化された状態での引き渡しとなります。
修理に出す前にバックアップをとれていればいいですが、そうでない場合はそのままdataを諦める事につながります。

画面割れというよくありそうな修理でも同様で、また工場に一度配送されますので修理に日数がかかるという点もデメリットとされています。

データが消える、日数がかかる、これらの二つのデメリットは結構致命的、そんな時は街の修理屋さんに依頼するのがおすすめとなっています。
といってもこちらにもデメリットはあり、注意するべき部分があります。
まずこうしたメーカー以外の修理店に依頼した場合、メーカー保障は受けられなくなるというデメリットがあります。
いま現在メーカー保障にお金を払って加入している場合は注意が必要です。
また純正品というのは使用自体が認められておらず、純正品を使用しての修理が可能なのはメーカー修理のみ、そのためもしその店が純正品使用とうたっている場合は注意が必要です。
これら修理屋さんは違法なの?という不安があるかもしれませんが、けしてそうではなく、修理屋さんとして真っ当なお店となっています。
もちろん純正品使用の場合は要注意ですが、そうではなく純正品"相当"の場合はそれは正当な条件なので問題ないのです。
非正規店とも言われていますので不安に感じるかもしれません、ですがきちんと修理業者として安心して任せていただけるところがあります。
こうした非正規店のメリットはデータを消さない、ものによっては三十分かからずに修理が完了する、正規修理ではデメリットとされている部分がカバーされています。

いまiphoneを手元からなくすのはとても不安な時代、メーカー保障についても問題ない場合はこうした非正規修理店を利用するのがおすすめです。
修理の幅も広く、画面割れからデータ復旧まで対応してくれます。

非正規修理店を選ぶポイント

非正規修理店のiphone修理

iphone修理をする時、正規修理ではどうしても無理!そんな時もあります。
また故障内容によっては正規修理では修理を受け付けてもらえず、買い替えの必要が出ることもあるのでいまのiphoneを使っていたい事情がある場合は不便です。
非正規修理の場合は正規修理では断られてしまう故障も修理可能な場合があるので、どうしてもの場合は是非利用したい店舗となっています。
即日対応してくれるのも嬉しいポイント、スマホがないと本当に困ることが多い今の時代は非正規修理を利用する人が増えている傾向にあります。
そんな非正規修理店もきちんとしたところを選ぶ方法があります。
そのポイントを押さえておくことで悪質な修理業者にあたることなく、安く早く修理をしてもらえる非正規修理店を探せます。

まず大事なのは説明が丁寧であるかどうか、十分な説明がない状態で直して、そのまま説明なく引き渡される場合はあまり信頼できるとはいえないです。
使用するパーツの説明などもきちんとしてくれる業者を選ぶこと、ここで修理料金も変わりますのでとても大事なポイントになります。
次保証サービスの有無、これが一切ない修理店は避けるのが賢明です。
すぐに修理が必要になってその度に修理料金を支払わなければならない、そんな悪質業者もいますので、数か月の修理保証があるところを選ぶようにしなくてはならないです。
万が一のことがあった場合もしっかり対応してくれる修理店探しはとても大事、近場に見つけておくと便利です。
またこうしたiphone修理店はゲーム機の修理なども受け付けてくれるところもあります。
さまざまな機械が自宅にある現代、iphone修理だけが需要ではないです。
そのため壊れてしまったときに頼れる修理店を見つけておくととても便利、信頼できる非正規修理店を探しておきたいところです。

自分でiphoneを修理するのは?

iphone修理DIY

よく動画サイトなどを見ていると、修理している様子を流したものなども見られますので、それを見るとなんとなく自分でも直せるような…?という気分になります。
基本的にバラバラにしてそのまま捨てるなどの場合は問題ないのですが、実は修理するための資格を持っていないのにiphoneを修理し、そのまま電源をつけてしまうのは違法となっています。
電波法にひっかかりますので、直せる直せない以前の問題にしてはならないことです。
また、高確率で自分での修理は失敗します。
そうなった場合非正規修理などに持っていけばいい、という考えもあるかもしれませんが、一度自分で修理しようとしたものは非正規修理でも受け付けてくれない場合が殆ど、メーカー修理の場合は尚更です。
なので、もしiphoneが壊れた場合は非正規修理店かメーカー修理に出す方が、後々トラブルもなく済みます。自分でやってしまった場合はリスクが非常に高く、自信が修理屋さんでない限りはやってはならない方法となっています。
iphoneが急に壊れた場合、非常に困るものです。
しかし修理費用も高いのでどうしても安価で済みそうな自分での修理をしたくなる気持ちもあります。
しかしそれをしてしまうとリスクは非常に大きく、結果的に修理に出しておいた方が安くついた、ということになりかねないです。
それらリスクを背負う前にプロの修理業者に依頼が一番!なにかあった場合非正規修理店でも安心して任せられます。
メーカー保証に加入している場合は注意が必要ですが、加入していない場合は非正規修理店に依頼がおすすめ、比較的安価で作業時間も画面割れ程度なら三十分かからず修理が終わるお店が殆ど、iphoneは勿論他の端末の修理にも対応してくれます。